手作りの証明。長いようで短かったセンチメンタルグラフティ20周年プロジェクトの終わりの言葉は、とてもせつなく。

先日の2019年5月31日、センチメンタルグラフティ20周年プロジェクトは大団円のまま、静かに幕を下ろしました。

先程までYouTube Liveで公式サイトやブログ、ツイキャスのアーカイブが消えるまでの見まもり配信をしていたのですが、いざ消えるとなると本当に感慨深いものがありますね。


さて、このプロジェクトの終わりに、公式Twitterアカウントでは以下のようなツイートをしていました。

https://twitter.com/senti_20th/status/1134414480073318400
アカウントに鍵かかかったので、キャプチャ画像を貼っておきます。

これを見たあなたは、この公式アカウントの最初のツイートを思い出したことだろう。

https://twitter.com/senti_20th/status/955394617658155008
アカウントに鍵かかかったので、キャプチャ画像を貼っておきます。

そして聡明なあなたはさらに気づいたことだろう。
2つのツイートがほぼ同時刻だったことに。

公式としての粋な計らいである。

しかしながら、「また、あなたに、会いたい」の投稿時刻は20:01だった。
最初のツイートが20:00だったことから、同じく20:00を狙ったものだったろうが、1分過ぎてしまっていた。
おそらくツイートの送信時刻自体は20:00だったのかもしれない。

しかしこれで良いのだと筆者は思う。
この1分(正確には数秒だろう)のラグが、ツイートを手動でしていることを裏付け、このプロジェクトのすべてが手作りであった証だったように思う。


センチメンタルグラフティ20周年プロジェクトは終わりましたが、コンテンツとしては皆の想い出のなかにいつまでもありますし、今まで追いかけてきた筆者たちにとってはひとつの通過点です。

筆者はこのサイトも続けるし(さんざん言ってるけどリニューアルしてデータベース化するし)、Slackの運用もできるかぎり続けます。

まだまだセンチメンタルグラフティは僕らを楽しませてくれると信じて。
そして「また」があることを信じて。


20周年プロジェクトを手がけてくれたSGガールズに感謝を。
プロジェクトのすべての関係者に感謝を。
すべてのプロジェクト支援者に感謝を。
このサイトに関わってくれた人についても感謝を。
Slackで相手してくれた人にも感謝を。

センチメンタルグラフティに、ありがとう。

僕たちも、また、あなたに、会いたい。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。