【速報】センチメンタルグラフティ20周年のクラウドファンディングプロジェクトがついに2,500万円の支援を突破!

2018年10月15日22:50頃、センチメンタルグラフティ20周年のクラウドファンディングのプロジェクトが、2,500万円を達成した。

2,500万円達成時のスクリーンショット。
画像はCAMPFIREのセンチメンタルグラフティ20周年のプロジェクトより。

「センチメンタルグラフティ20周年スペシャルイベント〜再会〜」 開催プロジェクト - CAMPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/91461


達成した瞬間はシシララTVでのスペシャル放送中であったが、非公式コミュニテイSlackの間でもプロジェクトをウオッチしている者がおり、判明した。
当初予定されていたストレッチゴールまですべてたどり着いたとのことで、いち早く知ったファンの間では、大いに湧いている他、次なるストレッチゴールは何がふさわしいかの議論が始まっている。

まだコンビニ支払いの期限や銀行振込の期限等で金額が前後するだろうが、ここまでたどり着いたというのは本当にすごいことだ。
1週間経たずにに250%たっせいという偉業をプロジェクトの成功を祝うとともに、SGガールズや関係者の努力に敬意を表したい。
支援してくれたファンの皆様にも多大な感謝を、筆者もファンのひとりとして、また、支援者のひとりとして感謝したい。

なお、1,000万円を超えた際のストレッチゴールをこの場でおさらいしたい。

  • 1,250万円 : 濱田智之氏作詞作曲・大倉らいた氏原詩の新曲制作
  • 1,550万円 : 当日の模様(記録映像)をDVDにして支援者さま全員にプレゼント(※定点カメラ1個)
  • 1,800万円 : 新規オリジナル衣装制作と20周年記念パンフレットのページ数アップ
  • 2,000万円 : 当日の模様のDVD映像がカメラ3台、編集ありにアップグレード
  • 2,250万円 : 音調車導入、スタジオにてトラックダウンにアップグレード
  • 2,500万円 : 大倉らいた氏シナリオによるオーディオドラマ制作(※20周年記念CDに収録)

あらためて、センチメンタルグラフティのコンテンツ力に驚かされる、そんな瞬間だった。
まだ終了まで3週間以上あるので、どこまで高みにいけるのか、興味深く見守ろうと思う。


「センチメンタルグラフティ20周年スペシャルイベント〜再会〜」 開催プロジェクト - CAMPFIRE
https://camp-fire.jp/projects/view/91461

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

10月15日はシシララTVで「センチメンタルグラフィティ」20周年記念特番!ついにあの人からあの話が聞けるかも!?

先日シシララTVにおいて、2018年10月15日の21時より「センチメンタルグラフィティ」20周年記念特番としての番組配信が発表された。
番組タイトル名は「【シリーズ20周年記念特番】『センチメンタルグラフティ1&2』をつくった人&演じた人と実況」である
クラウドファンデングの初速が好調なのもあり、良いタイミングでの配信である。

ゲストには「つくった人&演じた人と実況」とあるように、センチメンタルグラフティを手がけたプロデューサーの多部田俊雄さん、遠藤晶役の鈴木麗子さん、七瀬優役の西口有香さんをお迎えする。
多部田氏が出演するということで、いろいろな裏話が出てくることは間違いないだろう。

ツイキャス放送「帰ってきたセンチメンタルグラフティ20」の第8回において、多部田氏からのコメントが読み上げられ、「1の主人公は(公式に)死んでいません」という発言があったことは記憶に新しい。
当サイトでも、以前センチメンタルグラフティ2のオープニングについての考察をした記事を上げていた。

もしかしたら、この考察の答え合わせができるかもしれないという淡い期待を抱いて、筆者は放送を見てみようかと思う。

どうやって見るの?

ニコニコ生放送と、YouTube Liveと、Periscopeとでの配信を予定している

ニコニコ生放送

http://live.nicovideo.jp/gate/lv316159802
ニコニコで見られるかたは、タイムシフト予約をしておくと幸せになれるだろう。

YouTubeLive

https://www.youtube.com/watch?v=v1d6ARcMPG4
YouTube Liveで見られるかたは、リマインダー設定を忘れないように。

Periscope

https://www.periscope.tv/sisilalatv/

センチメンタルグラフティ1&2の実況配信ももう一度

シシララTVでは過去にはセンチメンタルグラフティの1,2ともに実況配信をしていました。

センチメンタルグラフティ実況配信まとめ

『センチメンタルグラフティ』祝・20周年! 七瀬優役の西口有香さんとの実況でその思い出を振り返ろう!! シシララTV
アーカイブのまとめは上記シシララTVの記事としてもあるのですが、FRESH!で配信されていた第一回の実況リンクを以下に貼っておくので、ここから見ていくのが良いだろう。

センチメンタルグラフティ2実況配信まとめ

YouTube再生リスト『センチメンタルグラフティ2』を七瀬優役の西口有香さんと実況!
YouTube Liveのアーカイブとして公式で再生リストが作られていたので、こちらから視聴をおすすめする。


さあ、2018年10月15日の21時に近づいたら、みんな正座待機しましょう。

シシララTVではお便りの募集もしているようなので、お時間のある人は是非お便りを送るといいだろう。
お便りはotayori@sisilala.tv から送ることができる。

放送でどのように我々のせつなさを炸裂させてくれるのか、今から楽しみだ。


本当は速報であげようかと思ったが、筆者はクラウドファンディング関連で記事を上げていたり、もろもろ準備をしていたので、このタイミングでの告知となった。
ご了承いただきたい。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

【速報】センチメンタルグラフティ20周年の公式サイトがひっそりとオープン!

2018年9月12日の日付が変わる頃、唐突にセンチメンタルグラフティ20thプロジェクトからあるツイートが投下された。

なんと、センチメンタルグラフティ20周年の公式サイトがオープンしたというのだ。

センチメンタルグラフティ20周年公式サイト
http://sentimental20th.com/

公開直後からサイト内の文言の間違いを指摘されたりしたようであるが、現在は直っているそう。

各キャストからの喜びの声も上がった。

サイトも出来上がったということで、徐々に色々な情報が掲載されることだろう。
今後の展開が非常に楽しみである。


…というのが、筆者による速報上の建前。

サイトが公開されたのは喜ばしいことだが、それよりも筆者はサイトのパフォーマンスと非SSLのほうが気になる。

ここで20周年記念サイトのLighthouseのスコアを見ていただきたい。

センチメンタルグラフティ20周年記念サイトのLighthouseスコア
http://sentimental20th.com/

パフォーマンスが20になっているのがおわかりいただけただろうか。
SEOの項目に関して100点を叩き出しているのは素直に称賛するが、他のスコアがひどい。

ヘッダーレスポンスの情報から、S3をStaticのサーバとして利用し、そこにHTMLを置いているもよう。
S3を利用しているStaticページでこのスコアなのはかなり問題である。

これはサイトのSSL化をしていない(おそらく証明書を取っていない)ために起こったことだと予測される。
Chrome68からは本格的にSSL化されていないサイトに警告を表示するようになっている。

理由としては埋め込みのスクリプト、特にYoutubeやTwitterはスクリプトをhttpsで呼んでいるため、読み込みに時間がかかっているのだ。
解決策としては、せっかくAWSを利用しているので、CloudFrontを利用してSSL化を進める対応をするのがいいだろう。

参考 : https://qiita.com/jasbulilit/items/73d70a01a5d3b520450f


なお、このサイトのフロントページにおけるサイトのLighthouseのスコアを見てみよう。

当サイトのフロントページのLighthouseスコア
https://sg-fan.net

違いがおわかりいただけただろうか。
Progressive Web Applicationの項目は対応していないのでべつとして、その他の項目は及第点である。


鈴木麗子さんのツイートにプロが作ったとあるが、誤字のこと、パフォーマンスのこと、SSLのことを見ても、とてもプロが作ったように思えないというのが筆者の見解だ。

実際のところ、SSLの件もそうだが、ブログとして利用しているWordPressを置いているサーバーもSSL化していないし、PHPも7.0.30を利用しているのも気になる。
WordPressの推奨環境はPHP7.2以上だ。
公式サイトのあのボリュームでわざわざBootstrapのテーマを利用して作成しているのも稚拙感があるし(これは筆者の勝手な見解である)、ブログから公式サイトへの動線がないのもユーザビリティの観点からしても致命的だろう。

WordPressのコミュニティに関わるものとして、そして「Webサイト制作を本職」としている筆者としては、これは非常に辛辣な問題だと思っている。

たとえプロだと本人が言っていても、見れることが確認できるだけのものを作るというのは、果たしてプロのお仕事なのだろうか。
パフォーマンスなんて、とか言うようであれば、もう擁護のしようもない。

ぜひ作成したかたには、最新のWebの動向をぜひ知ってもらいたい。
そしてどうか、この記事の内容に気づいたら早急な改善を。


強く愛するがゆえに強く非難してしまったかもしれません。
今後、イベントの勢いに負けないサイト運用を筆者は強く望みます。

もし手が必要でしたらご相談も受け付けますので、お問い合わせください
苦情もここへどうぞ。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

【続報】20周年ツイキャスの名前は「帰ってきたセンチメンタルナイト20」!

先の記事でも報じたように、2018年8月2日、21時よりSGガールズによるツイキャスが配信開始される。
そのタイトルが満仲さんのメッセージを添えて発表された。

帰ってきたセンチメンタルナイト20

視聴者にも気合が入る。
これは見逃してはならない!


ツイキャスの視聴はブラウザかアプリからどうぞ。

ツイキャスのサイトならびにアプリ内で「senti20th」と検索するとよいとのことだ。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

【速報】ついに動き出したセンチ20thプロジェクト。内容はまさかのツイキャス開始予告!

2018年8月1日、それまでほとんどそれらしい動きのなかったセンチ20thプロジェクトが、Twitter上で動きを見せた。

ビデオメッセージに出演しているのは5人とはいえ、懐かしいメンツですね。
目頭が熱くなります。


そしてその「ちょっとしたお知らせ」が透過されたのは同日の21時。
内容はまさかの「2018年8月2日21時より、SGガールズがツイキャスを始めることになった」でした。

一度ツイ消しがあったようだが、動画を載せ忘れたのだろう。

動画の中で「ツイキャスを始めることになったのは、大事なお知らせがあるから」と言っている。
これはSGガールズを巻き込んだプロジェクトが始動している、と見て間違いないことだろう。


待ち焦がれていたファンにとってはこの上なく嬉しいお知らせ。
またSGガールズに会える!
あの頃の、センチメンタルナイトを聞いていた時代を思い出す人も多いだろう。

そして更に焦らすその手法は、かつて待ち焦がれて延期したゲームの発売日を思い出させるのは筆者だけだろうか。

明日、2018年8月2日の21時、君たちは再び伝説の幕開けを体感するかもしれない。
みんな今度は雑音でないリスナーになれるのだから、公式Twitterアカウントをチェックし、ツイキャス放送に備えよう。


【2018.08.02追記】
公式よりツイキャスについてのお知らせが届いた。

引き続きTwitterでも配信URLをお知らせするが、ツイキャスのサイトならびにアプリ内で「senti20th」と検索するとよいとのこと。
筆者も検索してみたが、なにやらアカウントが2つあるようだがこれはどういうことだろうか…?


センチ20thプロジェクト Twitter公式アカウント
https://twitter.com/senti_20th

※サムネイルは@senti_20thのTwitterタイムラインにアップされた動画のスクリーンショットです。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。