眼鏡も吹雪で凍りつく。犀川沿いの雪も眩しい、金沢市内を巡る【センチメンタルグラフティ聖地巡礼】

2018年2月4日に、金沢へ赴き、センチメンタルグラフティのゲーム内で金沢市内扱いになっている場所と、アニメでも舞台となった場所を巡ってきました。
コミュニティ登壇のため長野は松本に行った、その次の日に満身創痍で行ったのですが、朝から吹雪いてたので、より体力を奪われる、少し過酷な巡礼となりました。

移動手段は新幹線

北陸新幹線の開通は2015年のため、ゲーム発売当初の東京⇔金沢の移動手段よりも随分移動時間を短縮することができるようになりました。

約3時間の旅

松本駅から6時18分の始発に乗って、少し列車に遅れは出たものの9時前後に金沢駅に到着。

移動中はゲームのスクリーンキャプチャとGoogle ストリートビューを見たり、センチメンタルジャーニーの保坂美由紀編を見たりして巡礼地の予習。
時間が余ると少し睡眠をとったり、持ってきていた聖書「センチメンタルグラフティ約束・再会」を読んだりして過ごしました。

2月初頭、金沢の吹雪の洗礼

金沢駅に降りたときには結構な吹雪で、もう既に心折れそう。

市内スポット巡礼

金沢は「城下まち金沢周遊バス」というのがあって、市内の名所をルートに沿って見に行けるんですね。
これがあって非常に助かりました。

近江町市場

腹ごしらえがてら近江町市場へ

少し入り口が変わったり店舗が変わったりしているが、ここがゲーム内での背景

このスポットを見つけるのに、近江町市場の外周を3週くらいしてました。
ゲームには出てないけれど、結構賑わっていた近江町市場の中の様子もどうぞ。

カニ汁おいしかったです(^q^)

香林坊

実はここが繁華街だって知らなくて「お寺いっぱいあるんちゃうか」くらいに思ってました。

香林坊のメインのスポット。
香林坊のスポットその2。東京ますいわ屋の辺りから
夜のスポット。この写真暗くすると再現できるはず。

旧シネマストリートは撮影忘れてました…

犀川

市内スポットのひとつであり、センチメンタルジャーニーでも絵付師さんがけじめとして絵付けしたものを流していましたね。
犀川撮るときだけものすごく晴れてて、雪に光が反射して、カメラ越しにもかなり目に悪かったです。

昼スポット。桜橋が見える位置で看板を入れないのがポイント。
夜スポット。
対岸の家が道入ってくるかで構図が変わってくる。
ここから絵付けしたものを流したのかなあ…川の流れをずっと見てるとせつなくなります。

金沢城跡

ここに来る頃にはまた吹雪いていて、かなり辛い撮影に。
ふぶきすぎたので、城内の撮影を断念してしまいました。

石川門。たまたま着物を着た女性たちが写り込んで、風情があります。吹雪でなければ。
石川門前。横断歩道があるのでこの角度なかなか難しいです。

東山

ひがし茶屋街とも呼ばれる場所。

たしかセンチメンタルジャーニーの保坂美由紀EPの冒頭もこんな感じでした。

ゲーム内スポット巡礼

石川県立美術館

場所は合っていますが、入り口の作りが昔と変わっているのかもしません。

金沢神社

祈願しに行ったり、最後にメガネとったところですね。

学業の神様ってのがホントピンポイントだよね。
個人的にはわざわざメガネ外す必要はなかったとおもってる。

センチメンタルジャーニーのスポット

兼六園

カオルちゃん(笑)と行ったところ。

作中の1カット
美由紀とカオルが二人で立っていた橋
二人でお茶をしていたと思われる時雨荘。これ以上立ち入り禁止区域だったので、アニメの再現できず。

市街

市街は雪と時間の都合でいけませんでした。
次回行くときは積極的にまわりたい。

巡礼の感想

青森のときは晴れていたのでまだスムーズだったのですが、やはり雪はつらいです。
でもこれ以外の目的がない金沢訪問だったので、のびのびと過ごすことができました。

大阪からわりと近いし、お金の余裕があったらまた行こうかなと思います。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

継承で未来が作れる可能性を教えてくれた人【保坂美由紀生誕祭に寄せて】

本日、2月16日はセンチメンタルグラフティのヒロインのひとり、保坂美由紀の生誕祭です!
誕生日おめでとうございます。

今日は「一枚の風景」「冬の向こうへ」のヘビーローテーション必至でしたね。

保坂美由紀(以下美由紀)はは1の主人公が中学2年の前半に石川県金沢市で出会う、呉服屋の娘です。
着物と絵画の間に立って自分の進路を見つめるという主題を通じてストーリーが展開されました。

そしてなんと言っても12人のヒロインの中で、唯一のメガネっ娘という点が外せません。

僕と美由紀とメガネ

ゲームの発売当時、1998年くらいのメガネは、あまり細いタイプのメガネってなかった気がします。
当時中学生だった僕もメガネをかけていましたが、最初に買ったときはフレームが太くレンズもガラスのものを着用しており、だんだんとセルフレームのプラスチックレンズでのメガネに変えてはいったんですが、わりとレンズの大きいものをつけていて、あまりに合わなかったので積極的にかけなかったように思います。たぶん僕が種類を知らなかっただけなんでしょうけど。

なので、センチメンタルグラフティと出会って、唯一のメガネっ娘であり、「地味な自分が」という、方向性は違えどもコンプレックスをかかえる美由紀に共感を覚えたのを記憶しています。

継承と未来

美由紀のコンプレックスは「着物を着ている自分」「呉服屋という家業」ですが、美由紀が長年悩んでいるとおり、わりと深刻な問題です。
僕は自分なりに「コンプレックスはネタにされる前にネタにしろ」の精神でなんとか乗り切ったのですが、家業が絡んでくるとなると話は別なのかなと。

何かを継承するのにはルールを強いられることやしがらみがあるケースが多いですが、ちゃんとルールを守れば自由に変革できる利点もあります。

僕らも先人から継承しているものを元に今を生きて、未来に向かっています。

センチメンタルグラフティが20年経ってまた話題になったのも、20年前に僕を含め皆が盛り上がって、それを忘れずにいることで、その熱が今に継承されたのかな、と思っています。(無理やりこじつけたような感じですが)

反物の絵付けが絵画と類似しているのに気づいて道を見据えたように、僕らも僕らのやっていることを、そして僕らを形成してきたひとつであるセンチメンタルグラフティを、継承して、新たな未来を築いていきたいものです。


少し湿っぽい感じになりましたが、保坂美由紀の記事らしいとえば、らしいかもしれません。

ともあれ、生誕を祝って書かせていただきました。

今後も聖地巡礼もそうですが、このサイトもちゃんと作って、少数ですが皆さんに還元できるように頑張っていこうと思います。

保坂美由紀に心からのありがとうを。


次回は金沢の聖地巡礼記をお送りします。

ありがとうございました。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

奇跡的に晴れた青森市内に「20年ぶりに、おかえんなさい」【センチメンタルグラフティ聖地巡礼】

2018年1月20日から21日にかけて、青森に赴きました。
本来は別の用事も込みで来ていたのですが、センチメンタルグラフティのゲーム内で青森市内扱いになっている場所を巡ってきましたのでその報告です。
1月の青森は雪がひどいと聞いていたのですが、奇跡的に晴れ間が見えることもあり、概ね順調な撮影でした。

※ほぼ写真のみなのでたぶん面白くないです。
※後日ゲームのスクリンショットと比較したものを再掲する予定です。

市内巡礼

ラビナ

ゲーム内ではリビナとなっていますが、ゲーム背景でも思いっきりLOVENAってあるじゃん…
背景としては外と中のスポットがあります。

外は今でも変わらずの佇まいです
中は何度か改装しているのか、店の配置が変わって休憩スペースが設けられています。
あと関係ないんですけど、21日で1階の一部が改装されるということで、この日はセールやってました。

ねぶたの里跡地

このあとすぐにレンタカーでねぶたの里跡地へ。
跡地としているのは、2013年で自己破産により閉鎖されてしまったからです。

ゲーム内で背景になった場所は里に入る前の案内板のところ。
角度もバッチリ抑えれてると思います。

流石に山に近づくに連れて雪の積もっている量がすごいので、車では入るのを断念。
でもせっかくなので入れそうなところまで入って中を撮影してみました。

新町通り

Google Mapsで「新町通り」と検索するとバスのロータリー付近の、通りの入口にピンが立つのですが、実際にゲームの背景になった場所は違います。
事前情報無しで行ったので、わりと歩き回ってしまいました。

「さくら野百貨店 青森店」の脇にある「夜店通り」の入り口が該当の場所です。

よく考えればGoogle Mapsで調べたときにストリートビュー使って確認すればよかったんですよね。
すっかり失念していました。

サンロード青森

ゲーム内ではサンセット青森となっています。
規模としては小さいですがショッピングモール。

屋内遊園地の計画もなくなってゲーム内説明とはかけ離れた印象に。

青森ベイブリッジ

車で撮影した映像から切り出しました。歩道合ったんですけど寒くて…

夜のベンチのほう撮り忘れました><
この辺から吹雪きはじめてたから断念したというのもあります。

青森駅

妙子と移動するとこに出てくる背景や、一枚絵(?)のときに使われていた構図を予測して撮影してみました。

市街

市街のスポットは滞在時間として無理そうだったので、今回は諦めました。
せめて本当は青森市の八甲田山にも行こうと思ったのですが、レンタカーの受付で「八甲田山方面は交通規制がかかっている」との情報を聞いたため、それも断念。

巡礼の感想

ゲーム内では1月もスケジュール対象なので、いけるやろ!と思って行ってみたら結構つらかったです。
主人公すげーよ。身軽すぎや。これが主人公補正ってやつか…

次回予告

次回以降、早いうちに関連する記事を上げたいと思います。

ゲーム内背景のなったねぶたを探す

実際にゲームで使われた、妙子の浴衣姿を拝めるねぶた祭りの時期の背景には、ねぶたが写っていました。
このねぶたはどのねぶたなのか検証したいと思いと思います。
実はこの巡礼で青森市が管理するねぶたの博物館「ワ・ラッセ」に行っていました。

小説版「約束」の線路のカーブを検証する

こちらも実際にカーブを探し動画を撮っています。
できれば数学的検証をしようと思いますので、記事掲載をお待ち下さい。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

おぼえていますか?ファミ通ブロスでセンチメンタルグラフティの漫画が連載されていたのを。

今回は簡単なコラムとしてファミ通ブロスに連載されていた、漫画のお話をしたいと思います。
ゲームが伝説ならば、こちらは幻です。

センチメンタルグラフティ ~あの日のままのキミでいて…~

これが連載していた漫画のタイトル。
センチメンタルラジオドラマ、からのドラマCDと同じタイトルですね。

ファミ通ブロスが漫画雑誌としてリニューアルしたのが1997年の11月
で、ファミ通ブロス1998年1月号(ややこしいw)
その次の1997年の12月に発売されたファミ通ブロス1998年2月号からこのタイトルが連載されました。

1号につき2話掲載の掲載で、南から北上する流れで、初回は遠藤晶と松岡千恵のエピソードからスタート。
ですが、残念なことに1998年2月の1998年2月号、連載3回(6話分)をもって打ち切られてしまいました。

最初は作者急病とかよくある話だし休載かなと思って連載再開を待っていたのですが、待てども待てどもその再開の日は来ず、「ああ、打ち切られてしまったのか…」と大体半年くらい経ってから悟りました。
連載第1回の見開きで全員分の顔を描いていたことですし、せめて残りの6話も含めて単行本として販売するかなと期待していたのですが、ついにその時も訪れることはありませんでした。
非常に残念に思いながら、そっとセンチの連載部分だけファミ通ブロスから切り取って保存する僕でした。

謎の作画担当「浅瀬ヒカル」

連載当時のクレジットは、以下のようになっていました。

  • 原作:大倉らいた
  • コミック:浅瀬ヒカル
  • キャラクター・デザイン:甲斐智久

原作、キャラクターデザインは言わずもがななので割愛するとして…作画担当の「浅瀬ヒカル」が、未だに謎です。

この記事を執筆している現在、調べても全く出てきません。
データベースブロス」というファミ通ブロスの情
報をまとめたサイトは出てきたんですけど、僕の知ってる情報しかありませんでした…。

誰か知っていたら教えてください!

ストーリーはドラマCDを忠実に再現

前述のとおり、タイトルがドラマCD「センチメンタルグラフティ ~あの日のままのキミでいて…~」 なので、ストーリーもドラマCDそのままです。
ところどころセリフをカットして入るものの、概ね筋通りにコミカライズされています。
メディアによって間とテンポの表現する手法は違うので、必要なカットアイデアなのかもしれません。

松岡千恵のエピソードでは、弟の慎吾がやっているゲームはセガサターンの何かという小ネタもあったりします。

画像右下、手に持っているのはサターンのゲームパッド

構図も完全にビジュアルをトレース

本来なら漫画は動きがあってオリジナリティがあるものなのですが、この連載については、甲斐智久さんのキービジュアルのポージングを完全にトレースしているものが多かったです。
以下に一部比較画像を用意しましたので御覧ください。

case1.遠藤晶

[画像左] 原画 / [画像右] コミック
バイオリンを盛っている以外は、輪郭、表情、目の角度、紙のウェーブ加減等、完全一致です。
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
表情が違うのみでスカートのシワまでほぼ再現
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
髪型、服の皺等含め、反転させての再現。目の大きさだけ違う感じがする
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
CDジャケット絵になったものを手の位置まで見事に再現

case2.松岡千恵

[画像左] 原画 / [画像右] コミック
反転させて構図の再現をしている。服装と表情が違う。小回りでうまくヘッドホンを描かないようにしている工夫も見られる。
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
腕の角度と髪型、表情が酷似。ストーリー上、服装だけ変えている。
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
ズバリ構図の角度を変えての再現。汗の位置まで同じとは恐れ入った。

case3.七瀬優

[画像左] 原画 / [画像右] コミック
表紙だから気合い入れて再現したのだろうか。服の影部分を服のシワのように見せてしまったのが残念なポイントかも?
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
髪型に注目。顔のバランスが違ったりしているものの、手のあげ方まで再現。
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
これも反転させての非の打ち所がないほどの構図再現をしています。

case4.杉原真奈美

[画像左] 原画 / [画像右] コミック
構図、リボン等オブジェクトともに完全一致です。わりと気合が入ったふうに見えますが、浅瀬先生は杉原真奈美クラスタなのでしょうか?
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
漫画のほうでは手のみの描写なのに、完全に一致しています。
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
反転させて構図を再現しています。ここではビジュアルが入り切らなかったのですが、小鳥の描き方も場所が違うだけで一致していました。

case5.森井夏穂

[画像左] 原画 / [画像右] コミック
表情が少し違うものの、構図は完全に一致しています。
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
これも角度まで完璧に再現しています。さらに驚くべきは、まつげの描き方まで再現しているところ。
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
目尻と横髪の描き方がちょっと違う程度で、元絵を反転させている構図です。

case6.綾崎若菜

[画像左] 原画 / [画像右] コミック
服こそ違えども、これも髪の毛の描き方に注目。
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
反転しての構図再現ですが、惜しいことに胸章が描かれていません。まさか私立紫雲女子高等学校ではない…?
[画像左] 原画 / [画像右] コミック
手の描き方から、この元絵を反転させて角度を変えての構図と思われます。シュチュエーションが違うので、ブラシを持った手を省略して、服を変えています。

Case.6 までしか連載していなかったのでここまで。

いかがだったでしょうか。
公式だからって、浅瀬先生、いさぎよすぎです(今思えばそういう指示だったのかもしれない)。
もはや原画をコピーしてトレース台に敷いて書いたんじゃないかレベルに思えます。

甲斐先生のキャラクタービジュアルは綺麗すぎてポージングも絶妙だったので、同じポージングが描かれることはファンにとっては嬉しいコンテンツであったと思います。
しかしながら、これは連載当初から感じていたことですが、せっかく多角展開しているのだったら、もっと違う形のストーリー、動きでもよかったのではないかなと思います。
面白さって、絵のクオリティだけじゃないですしね。

もやもやはいつまでも残る

打ち切り、未単行本化とあまり日の目を見ることがなかった連載、
謎は20年残り、アーカイブ化もされないこのコンテンツ、きっとこれからもコンテンツとして復活・補完されることはないのだろうと思います。
そういうもやもやも含めて20年前の素敵な思い出として、そっと心にしまっておきます。

でも本当は、残りの連載に…会いたい。

Twitterでもシェアしてみた

雑誌ごと保存してる人とかいないかな?
この件(打ち切りとか浅瀬先生とか)についてだれか詳しいことを知っていたら教えていただきたいです。切実に。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

突如として現れたセンチ20thプロジェクトのTwitterアカウント。ここから何かが起こる…?

突如として現れたTwitterアカウント、センチ20thプロジェクトがセンチメンタルグラフティの発売日である2018年1月22日の20:00につぶやきを投下した。

フォローしている各声優さんが意味深なつぶやきをしていることから、これは本当の公式アカウントで、なにかやらかすのではないかとファンの間では持ちきりだ。
果たして何が起こるのだろうか。

なお突如として、というのは語弊がある。
このアカウント自体は2017年11月から登録されていたからだ。
公式チームとして何か準備をしていたということだろうか。

まだこのアカウントをフォローしていないセンチメンタルグラフティのファンはこのフォローしてチェックしてみよう。

もちろん、当管理人も何か起こるのであれば非常に楽しみな(勢いで作ったこのサイトの存在意義にも関わるかもしれない)ので、チェックして動向を見守ることにする。

センチ20thプロジェクトTwitterアカウントはこちら

[2018.01.24追記]

ねとらぼがリプライで突撃したところ、公式であることが判明した。

これは期待せざるを得ない。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。