恋人たちの交通事情、今昔~遠距離恋愛の日に寄せて~

この記事は、当サイトで行われている「センチメンタルグラフティアドベントカレンダー2018」の第21日目の記事です。
2018年現在、唯一運転されている寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」

はじめに

皆様せつなさ炸裂してますか?
我らが主人公「田中一郎(仮)」の分身の一人、フェルスと申します。
真奈美の聖地出身でありながら、暇さえあれば「そうだ!京都行こう……」などと年中言ってる、よくいるセンチファンです。

本日12月21日は「遠距離恋愛の日」です。
これは、両端の離れている「1」を恋愛中のそれぞれの人と見て、中央に寄ってくることで「22」になり、それぞれの思いで2人になる……遠く離れている2人が近づいたように見えることから、そう言われ始めました。
あるラジオ局のアナウンサーが提唱したとも、それ以前に女子高生たちの間で都市伝説の噂として広まったともいわれてます。

センチでは、主人公が一通の手紙をきっかけに、全国12都市のヒロインに会いに行くのですが……自宅を(モデルとなった人物から)文京区目白台と見なした場合、直線距離にして一番近い明日香の横浜でも約31km、一番遠い晶の長崎で約963km(ちなみに、ほのかの札幌で約829km)もあります。

スマートフォンはおろか携帯電話も普及していない時代、自宅の電話でアポを取り(当時だって、先方の親父が出たらどうしようかとドキドキだったけど、今だとかえって難しいな…)、学校もバイトもサボらず、超高校生級な遠距離恋愛を(分身によっては12又かけて)どうやりくりするのか……これもセンチの醍醐味ではないかと思います。
(筆者も元々いわゆる旅鉄だったため、この要素でセンチにはまった部分もあります)

この遠距離恋愛中の恋人たちを支える交通手段に思いを馳せて、つらつらと書いていきます。

センチ(1998年当時)の交通手段

センチでは全部で8種類の交通手段があります。
これは発売当時1998年のメジャーな交通手段から設定されたものと推測されます。
(え?最後の1種類?諸外国じゃメ……)

  1. 快速電車
  2. 快速夜行
  3. 特急電車
  4. 特急夜行
  5. 飛行機
  6. フェリー
  7. 深夜バス
  8. ヒッチハイク(すべては風まかせ、運まかせ……きっと、いつかは優に会える(かも)

ゲーム中では、近場(横浜)は快速、やや遠方(仙台、名古屋、京都)へは特急、さらに遠く(札幌、長崎)へは飛行機、夏休みなど、学校を気にしなくてもいい時は夜行……で移動された方が多かったかと思います。

現実問題、夜行で体力が回復するかどうかはさておき……宿代対策にはなりますし、このあたりは現実の移動手段に沿った設定になってます。
(そういや、今月18日が誕生日だったセンチな旅人にあこがれて、ヒッチハイカーで貫いた猛者もいたとか……)

この中でも、センチプレイ当時に学生だった筆者がお世話になったのが、快速夜行、フェリー、深夜バスです……時間と体力はあるけど、とにかくお金がない(というよりは、なけなしのお金は極力グッズにつぎ込みたい)ので、大変重宝しました。

快速夜行は、お世話になった方も多いかと思いますが、ムーンライトシリーズが有名です。
西日本在住の筆者は特にムーンライトながらは年最低2回青春18きっぷとセットでお世話になりました。

フェリーは、先日も利用した南海フェリー(徳島~和歌山)や、ジャンボフェリー(高松~神戸)、オーシャン東九フェリー(北九州~徳島~東京)をよく利用しました。

深夜バスは、JRのドリーム高松号(高松~東京)やドリーム徳島号(徳島~東京)、オリーブ松山号(松山~徳島~名古屋)にお世話になりました。

当時は、寝台特急もまだまだ健在で、社会人になってからですが、寝台急行「銀河」(東京~大阪)、寝台特急「北陸」や急行「能登」(いずれも上野~金沢)、寝台特急「あかつき」(京都~長崎)を利用して二股……いや主人公の思い出探しの旅を楽しんだものです。
なお、この年は、7月に“ブルートレインじゃない”寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」(東京~高松・出雲市)が運転を開始し、9月に日本初のLCC「スカイマーク」が開業するなど、交通機関の新しい時代到来を感じさせました。

寝台特急「あかつき」(京都~長崎)

2018年現在の交通手段

そんなセンチプレイ当時、ゲーム中でも現実でも、遠距離恋愛を支えた多彩な交通手段も、20年たった2018年現在……事情は大きく様変わりしました。

①快速電車

かつて、地方の路線でも運転されていた快速は、愛称ないものも含めて、削減もしくは特急に置き換わっていきました。
20年前と変わらないのは、マリンライナー(岡山~高松)ぐらい?

②快速夜行

かつて、えちご(新宿~新潟)、仙台・東京(東京~仙台)、九州(京都・新大阪~博多・熊本)、高知(京都・大阪~高知)、松山(京都・大阪~松山)、山陽(京都~下関)、八重垣(京都・大阪~出雲市)……と全国で運転されていたムーンライトシリーズも、ながら(東京~大垣・米原)、信州(新宿~白馬)を残して廃止されました。しかも、そのながらと信州も期間限定運転のため、定期運行の快速夜行は事実上全廃

③特急電車

北陸新幹線が金沢まで、そして東北新幹線が新青森まで延伸し、九州新幹線(博多~鹿児島中央)・北海道新幹線(新青森~新函館北斗)が開業したかわりに、並行在来線の特急が相次いで廃止

④特急夜行

かつては、寝台特急「北陸」・急行「能登」(上野~金沢)、寝台急行「銀河」(東京~大阪)、寝台特急「カシオペア」(上野~札幌)、寝台特急「あかつき」(京都~長崎)と多数あった寝台特急も、新幹線の開業や客数減少により、定期運行は「サンライズ瀬戸・出雲」(東京~高松・出雲市)を残すのみとなりました。

⑤飛行機

1998年9月のスカイマーク開業を皮切りにLCCが次々に開業され、現在5社が運行され、選択肢が増える一方、大手の若者向け割引制度(スカイメイト等)は廃止されました。

⑥フェリー

淡路島へのフェリー航路が全て廃止されるなど、中距離を中心にフェリー便が廃止または減便されました。

⑦深夜バス

かつての夜行快速や寝台特急に置き換わるかのように、この20年で唯一路線や便数が増えたのが夜行高速バスです。

⑧ヒッチハイク

ドライバー不足からトラックそのものに遭遇する確率が下がった(?)

また、ゲーム中では都市内のスポットをすんなり移動してますが……この20年で都市内の路線バスが、コミュニティバスへの転換もしくは路線廃止のために移動が困難になる事例も出てきてます。
特急夜行(寝台特急)で唯一残ったのが、20年前に初めてブルートレインじゃない寝台特急としてデビューした「サンライズ瀬戸・出雲」(東京~高松・出雲市)だけというのが、運命めいたものを感じます……

おわりに

この20年、交通手段一つとっても、大きく様変わりしました。
当時プレイされていない方から見れば、夜行快速とか夜行特急って何なんだと思われるかもしれません。

もし、これからセンチに触れる方がいらっしゃいましたら、かつて20年前はこんなにも交通手段があったんだということを感じていただければ幸いです。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください