【センチメンタルグラフティ2】多部田氏から語られた18年目の真実【総集編/解明編】

既に【前編/疑問編】【後編/考察編】と既にお読みいただいていると信じたいところだが、もしまだであればそちらを読んでから本稿を読んで頂けると楽しめると思われる。

◯扉の向こうの真実

思えば、未だにこの言葉に翻弄され続けていた自分が居た。
ツイキャス放送内で読み上げられた多部田氏のからの特別なメッセージである。

「センチメンタルグラフティの主人公は死んでいません。
皆さんの心の中で生きています、などという概念的な話ではなく
2の設定上でも死んでいません。
実は2のオープニングムービーの中にもその伏線を散りばめて置いたのですが、当時の諸事情で、これをしっかりとお伝え出来ないまま
十数年が過ぎてしまいました。
その事をきちんとお伝えしたかった。」

そして2018年10月15日21:00過ぎのこと。
待ち望んでいた瞬間がやってきた。

センチメンタルグラフティプロデューサー多部田俊雄氏の18年越しの【告白】。
そして、センチメンタルグラフティ(以降センチ)1の主人公の真実。

では、早速伏せられていた事実を紐解いていこう。

◯主人公の家庭環境

主人公はなぜ小学生~中学時代と転校を繰り返していたのか。
それは主人公の家庭環境に有った。

主人公の祖父は政治家(後に大物と呼ばれる程の)をしており、父親は秘書をしていた。
その3代目(自身がどう思っていたのかはわからないが)が主人公である。

12主要都市を転々としていたのは、各都市に居る地元名士を訪ねの将来の地盤形成の為だった。
考えてみればヒロインの中でも妙子、美由紀、若菜、真奈美、晶の家庭環境には
その事に合致する設定が有った。

詳細はセンチ1及び関連アイテムの情報を個々で調べて欲しい。

◯改めて再検証

さて、主人公自身の設定がわかったところで、改めてセンチ2のOPだ。

【前編/疑問編】でいくつか上げたものが今回の放送でもピックアップされていた。
それを補足あるいは修正をする形で紐解いていく。


葬儀

【主人公】のもの。
供花(花輪)の数から「合同葬儀」という結論に達していたが、それは間違っていた。

ここで「ん?ちょっと待て。」と思った人もいると思うが、
その疑問はすべてが終わった後に改めて聞くとしよう。


参列者

大人の男性がほとんど、女性は少なく、老人は居ない。

指摘していたとおり、ヒロイン以外の年齢層が高い。
加えて、男性がほとんどであることがわかるが、よく見ると女性が少なく、年配の方はほぼ居ない事がわかる。


手紙

妙子には日本国内(上部)、明日香には海外(下部)から届く。
主人公が日本国内だけなく【海外に居た】ことがわかる。

多部田氏は他にも何人かにはエアメールだった、ということだが、
残念ながらそれに繋がるヒントを見つけることが出来なかった。


横断歩道の先にある標識

これはブラジルのようだ。
西口女史より「海外、ペルーだったと思う。」のことが有りペルーに限定していたがブラジルも含めた南米を設定していたというのが正しい。


横断歩道を渡る足

【主人公】のものではない。

ここも我々が勘違いしていた部分であろう。
ただ、前回の記事を書くに辺り何度かOP映像を見直していた際、疑問に感じていた。
海外に旅にでている人間がスラックス&革靴を履いているのだろうか、と。


バランスを崩すトラック

過積載と急ブレーキによる横転。

通常、急ブレーキを掛けると車体は前のめり気味になる。
しかし、過積載であれば重心の関係でこのように横滑りになり、横転する。


事故現場の検証(黄円)

普通乗用車をよく確認するとすべて【左側のドア】が開かれている。

日本における右ハンドルの場合、なにか起きて真っ先に開けられるのは【右側】である。
また、これもミスリードだったのだろう。

パトカーのカラーリング(青円)

ブラジルでも同じカラーリングのものが存在する。

パトカーのカラーリングがお馴染みの白と黒であるが、「ブラジル パトカー シボレー・スピン」で画像検索をしてみて欲しい。
そう、遠目には同じカラーリングなのである。

◯そして、扉に手をかける

いよいよ真相であるが、その前に疑問を解消していこう。

前回同様にQ&A形式だが
今回は【Q:Question(疑問)】と【A:Answer(答え)】である。

Q1:なぜ南米だったのか
A1:土地柄、日系人が多かった。また日本から遠く離れた土地(地球の裏側)であり、【遺体】が戻ってこない可能性のある遠い国の必要があった。

Q2:事故にあったのは誰だったのか?
A2:主人公とは違う【別の男性】

Q3:なぜ主人公が死んだと間違われた?
A3:現場の【遺留品】に主人公を示すものがあった。

Q4:死んで居ないはずなのに主人公の葬儀?
A4:前述同様、【主人公を示す】遺留品があった為。

Q5:主人公は【死んでない】のでは?
A5:【死ぬ】を生命の定義で見ると死んでいないが、葬儀を行う関係上、死亡届が必要となる。
つまり、【生きているが死んだ】人となった。

Q6:葬儀を行う前に生死確認は行えなかったのか
A6:Q1に上げたとおり遺体を【戻すことが出来ない】事が原因。
また、主人公自身も事故に巻き込まれており、【意識不明】状態だった。

Q7:なぜ葬儀は大々的に行われた。
A7:一般家庭における葬儀であればこうはなっていなかっただろう。
しかし、主人公の家庭は政治一家である。
一般的に、葬儀への参列者は故人か遺族の知人・友人関係である。
政治家ともなればその規模は大きくなる。
また、「孫(主人公)の死をバネに日本を支えていく」、というパフォーマンスもあり得る。
※政治家を否定するわけではないが、選挙の近い時期に選挙区で葬儀があると、その候補予定者が葬儀に参列することが多々見受けられる。

他に疑問点があればこの記事のコメント、もしくはTwitterに送ってほしい。
【追記】として書き加えていく。

“【センチメンタルグラフティ2】多部田氏から語られた18年目の真実【総集編/解明編】” の続きを読む

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

【センチメンタルグラフティ2】発売から18年を経て明かされた新事実を考察してみた【後編/考察編】

前編/疑問編は如何だっただろうか。
では早速、疑問に対する考察を行っていこうと思う。

◯考察

ここで一つ断っておかねばならない事がある。
あくまでも霧耶自身が考察したことであって、
必ずしも正しい、とは限らない。
その事を念頭において欲しい。

Q:Question(疑問)に対しA:Assumption(仮説)として
一つずつ考えていく。

Q1:主人公(らしき人物)はどこで事故にあったのか。
A1:おそらく海外。土地については後述で触れたいと思う。

Q2:なぜ大規模な葬儀だったのか
A2:おそらく複数人の合同葬儀だった。

Q3:では誰の葬儀だったのか
A3:主人公を含めた事故被害者

Q4:多部田氏曰く、「主人公は死んでいない」のでは?
A4:正確には(ゲーム上)生死不明ではなかろうか

Q5:生死不明?
A5:現場に残ったのは遺留品(身分証明書)のみの可能性がある。

Q6:でも調べればすぐに分かるのでは?
A6:大規模な事故、多数の被害者、身分証明書無しですぐに調べることは難しい

Q7:主人公が名乗れば大使館でも調べられる
A7:事故により集中治療室に入っていたor記憶障害があった

Q8:ではなぜ主人公が合同葬儀に含まれていた
A8:日本での生死は紙切れ一つで受理される

Q9:紙切れ一つって?
A9:遺族が所定の窓口に死亡届を出し、受理されれば死んだことになる。

Q10:センチ2の主人公はなぜあの場所にいた?
A10:被害者の中に親しい人が居たと思われる。

◯結論

主人公は海外を旅している間に事故にあった。
場所はおそらくペルー。※これも後述にて触れる

大型トレーラーが横転し、何台もの車・人が巻き込まれた大事故。
街中、横断歩道という立地上、被害者は多数と考えられ
その中には同じように旅行していた日本人観光客も含まれていた。

事故にあった際、現場に遺留品としてパスポート(おそらく血痕付き)を落とし
それを現地警察が日本大使館に問い合わせ渡航歴と照合。

本人は事故により重傷を負い、現場の混乱の中で緊急搬送される。
(重傷ともなればトリアージにより優先的になったのではなかろうか)
一命は取り留めたものの、しばらくは意識が戻らず、
意識が回復してからも事故の後遺症でしばらく記憶障害に。

事故に巻き込まれた被害者の中には遺体が残らない者も居た。
その中に主人公も含まれているとされる。

外務省を通じ、現地日本大使館から
・主人公が事故にあったこと
・遺体が残らなかった(なかった)こと
・現場にパスポートが落ちていたこと
・渡航歴に該当する名前があったこと
以上のことから主人公が現地の事故で死んだ(と思われる)ことを告げられる。
他の被害者と合同葬儀を行う関係で写真提供を求められる。
主人公の写真は家族から提供される。
※この時点で遺族から主人公が「死んだこと」を【承認】される。

日本で合同葬儀が執り行われる。
ヒロインたちへは遺族たちが主人公の手帳(アドレス帳)で連絡を取った。
その際、最低下記の3点は伝えられたと考えられる。
・日本でニュースになるほどの大事故であったこと
・遺体がなく、棺には何も入っていない。
・合同葬儀を行う

葬儀に参列し、式場の中に飾られていた被害者達の写真の中に
主人公が含まれていることで改めて「死んだこと」を認知。

彼女たちの失意の中、月日が過ぎ、センチメンタルグラフティ2に。

というのが今回の考察から得られた結論である。

しかし、疑問点は別に発生する。

◯なぜペルー?

同日放送の西口有香さんから
「実はセンチ2の生存ルートの収録をした覚えがある。」
「海外、ペルーだったと思う。」
「現地で情報が錯綜していた。」
と情報があった。

このことからペルーに限定をする必要はないが、敢えて限定した。

◯他のキャストはなぜ知らない?(覚えてない?)

センチ1においてヒロイン声優一人の台詞の収録が750個前後あった。
※センチ1各ヒロインクリア後の「SOUND TEST」を参照
センチ2もそれに近い数(またはそれ以上)があったと思われる。
それを踏まえた上で考えていくと、
仮説1:西口さんの収録が他の人に比べて早く終わったのではないか
仮説2:その上で多部田氏が(隠し)持っていた主人公生存ルートの台本があったのではないか
仮説3:西口さんの収録後、収録スタッフから上層部に伝わり圧力がかかったのではないか
結論:西口さん以外は収録せず、また台本があったことすら知らない。
※関係スタッフの中で箝口令が敷かれていた可能性あり。

真相は多部田氏の中にあるが、前編でも述べたとおり、現時点ではまだ闇の中。

◯センチメンタルグラフティ2について

ここからは個人的な感想を含めているので、主人公の生死考察とは一切関係がないことを先に断っておく。

また、センチ1を前作、センチ2を本作と呼称する。

18年前に本作をプレイをし、あるいはその前からゲーム情報雑誌等で本作を知り、心折られたユーザーが数多く居る。
実際、前作ではファンだった人が、本作で離れていったという話も聞く。
なぜ前作主人公が居なくなることが求められたのだろうか。
当時はその理由は考えず、辛い気持ちを持ちながらプレイをした記憶がある。

前作の発売から20年経って、改めて前作をプレイしてみた。
薄れた記憶も影響しているが、そこで見たヒロインたちはとても純粋な想いを秘めていた。

だからではないか、と。

前作発売から20年、今回の20周年記念で真剣に本作のことを考えてみた。

確かにゲーム開始直後からそれぞれに面影があるものの、今までの雰囲気とは違う。
事故のことが有り、大切であった人を亡くし、それまでの彼女たちの世界がガラリと変わる。

そんな良くも悪くも、成長したヒロインたちを見てふと感じた。

18年前に制作に携わったスタッフ(誰とは敢えて名言しないが)の中では
彼女たちを少女から大人に成長させたい、という気持ちがあったのではないか。
先に触れたとおり、彼女たちは純粋である。
純粋であるがゆえ、ある意味では少女なんだ、と。
自分自身も続編で成長した彼女たちを見たかったという思いはある。


千恵が待つライブハウス。その名前は「Lost Child

ただ、前作で完成してしまったからこそ、その続編を作るにあたっての
葛藤はあったと思う。

ただ一つ言えることは・・・

ファンの期待度とベクトルが、制作陣のそれと違っていたのだろう。

たったそれだけのことである。
本作の表現方法が間違っていたかどうかなんていうのは二の次だ。

今後、多部田氏から新しい話が聞けることを期待して

ここで筆を置きたいと思う。


【前編/疑問編】はこちら

【センチメンタルグラフティ2】発売から18年を経て明かされた新事実を考察してみた【前編/疑問編】

【総集編/解明編】はこちら

【センチメンタルグラフティ2】多部田氏から語られた18年目の真実【総集編/解明編】

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

【センチメンタルグラフティ2】発売から18年を経て明かされた新事実を考察してみた【前編/疑問編】

◯事の起こりは

2018年9月2日にその事件は起きた。

「帰ってきたセンチメンタルグラフティ20」第8回放送内にて紹介された
多部田俊雄氏の応援コメントの続きの内容に
生放送(34:00頃)を見ていたファン一同が一斉に驚く。
※多部田俊雄氏:センチメンタルグラフティプロデューサー

「センチメンタルグラフティの主人公は死んでいません。
皆さんの心の中で生きています、などという概念的な話ではなく
2の設定上でも死んでいません。
実は2のオープニングムービーの中にもその伏線を散りばめて置いたのですが、当時の諸事情で、これをしっかりとお伝え出来ないまま
十数年が過ぎてしまいました。
その事をきちんとお伝えしたかった。」

当日は動揺のさなか放送が続けられ、現在に至るまでその後の情報は無い。

◯放送終了後に

センチメンタルグラフティ非公式コミュニティSlack内では
放送終了後にファン同士で意見の交換がされる。
改めて今から18年前に発売されたセンチ2のOP動画を見てみよう。

今見返してもなかなかに衝撃的なシーンから始まる。
当時のゲーム雑誌には「前作の主人公の死から始まる」と書かれていたとおり
弔問者に混じってヒロインが登場する場面からスタートするのだが・・・
当時はこの時点でミスリードに嵌っていたのだろうか。

◯何を勘違いしていたのだろうか

センチメンタルグラフティ1終了から2開始の間に1年間の空白がある。
事故はその間にあったと思われる。主人公の年齢は18~19歳。
波乱の人生(小学校4年から計算すると5年間に11回転校)しているものの、
主人公自身はごく一般的な人だと予想される。
そのごく一般的な人が事故によりこの世を去ったとして
OPにあるような葬儀が行われるのだろうか。


またこれは当時から言われていた事で、ヒロイン以外の参列者の年齢層が高い。

主人公自身が実はとても大きな企業の御曹司だった、
というのであれば話は別だが、それならそもそも転校はなかったのではないか?


なお事故のシーンをよく見てみると、日本では見慣れない道路標識がある。
風景もどことなく日本以外の場所にも見える。

◯手紙

ヒロインたちに送られた手紙に注目すると意外なことがわかってくる。
初めて出てくるシーンには妙子に宛てられた物。
押印された消印から十中八九日本国内から出されたものだろう。

次に明日香に届いた手紙をよく見るとエアメールであることがわかる。

文面がわかるのは妙子・優・若菜に届いた手紙のみ
文章を解読すると

「前略
お元気ですか?
僕は今、また長い旅の途中です。
一人◯◯◯◯◯◯いると
君とのいままでの事が思い出されます。
帰ったら、もう一度逢いに行きます。
おみやげを楽しみに待っていて下さい。
それではまた、君の街で。
草々」

文面4行目だけがどうしても解読できないが
前後の文章から繋がるように補完すると
「一人で旅を続けていると」あたりが妥当ではなかろうか。
以上から手紙をヒントに考察すると
センチ1以降も主人公は旅を続けており、
日本国内だけでなく海外にも渡っていると考えられる。

◯では結局誰の葬儀なのか

前述でも疑問視しているが、主人公一人だけの葬儀にしては
霊柩車は当時のことを考えると普通ではあるが、
供花、式場、受付と見るに少々大掛かりではなかろうか。


※現在はこのタイプの霊柩車を新規で作ることが難しい。

ヒロインたちが参列をしていることから主人公に関係しているのは確か。
そこで事故現場のシーンを改めて見ると、結構な規模の事故であることがわかる。

巻き込まれた人が多くいることがだろう。
その合同葬儀だとすれば・・・?

と言ったところで【後編/考察編】に続く


【後編/考察編】はこちら

【センチメンタルグラフティ2】発売から18年を経て明かされた新事実を考察してみた【後編/考察編】

【総集編/解明編】はこちら

【センチメンタルグラフティ2】多部田氏から語られた18年目の真実【総集編/解明編】

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

クラウドファンディング募集開始日時が遂に発表された「帰ってきたセンチメンタルナイト20」第10回放送の感想とハイライト

今回の記事は諸事情によりGOUTEN氏の代わりに霧耶がお伝え致します。

本日9月12日(水)21時より放送された「帰ってきたセンチメンタルナイト20」第10回放送では、公式より「ものすごく大切なお知らせがある」、と告知されていた。

昨日9月11日には公式ページが開設されており、この期待の高まる最中、更に熱い内容が期待される。

ハイライト

本日のキャストは豊嶋真千子さん、今野宏美さん、鈴木麗子さん、鈴木麻里子さんの4名。
西口さん(現場で裏方)、米本さん、岡田さんはコメント参加していた。

放送冒頭より甲斐智久先生描き下ろしの新イラスト「杉原真奈美」とともに、真奈美カラーの衣装を着た豊嶋真千子さんのアテレコが行われた。

「20年後もあなたがいれば、それだけで幸せ」

クラウドファンディングの詳細のおさらいとさらなる詳細

最初のフリートークパートが終わり、「クラウドファンディング」の詳細が発表された。
CAMPFIREにて募集は9月21日(金)23時より開始され、約40日後の10月30日(火)23時59分まで行われる。

今回のクラウドファンディングはAll-in方式であることも発表。
もし期限内に目標金額に達していなくても、申し込みされた金額を元にイベントが開始される。
ただし、その場合はストレッチゴールが実施されないため、目標金額の先を目指していきたい。

続いてリターンの内容について予習と復習が紹介される。
復習は「来場可能コース」、「遠方からの支援コース」、「スペシャルなコース」に分かれていることが改めて告げられる。
チケットはクラウドファンディングのリターンに含まれている事がすでに伝えられているが、
今回の放送でリターンでのみ入手可能ということが発表される。
ただしチケットが余った場合に限り、一般販売も行われる予定だそうだ。

座席は事前に全席指定と発表されているが、席の場所は申し込むコースによって区分が分かれている。
コースの中で抽選が行われるため、ステージに近い席を希望する場合にはより良いコースで申し込む必要がある。

遠方からの支援コースには20周年記念CDが含まれる。
また全コースのリターンにSGガールズお礼メッセージ動画が含まれるとのこと。

本日のトークテーマ「あなたがセンチメンタルグラフティに出会ったきっかけ」

雑誌(Gsマガジン)、甲斐先生のイラスト、キャラの出身地の一致など様々な理由が紹介され、視聴者も頷く場面が多く見られた。

センチに参加したきっかけも各キャストより紹介される。
豊嶋さんはえみるを狙っていたが、当時の専務に「真奈美を受けてみろ」と言われ、
今野さんと麗子さんは当時マーカスが制作した違う作品のセリフ無し台本付きCDで応募し、
麻里子さんは優を受けたいと思っていたが、豊嶋さんと同じく「ほのかを受けてみろ」と言われたのがきっかけとのこと。
専務圧がすごい。

今野さん曰く、急にお手紙(あなたに会いたい)が来て、東京での面接・オーディションが行われたらしい。

重大発表

このプロジェクトの限定公開URLを発表・・・の前に
CAMPFIREの担当:奥村氏よりプロジェクトの説明が行われる。

限定公開プロジェクトページを見る際の注意
質問点・疑問点があっても直接キャストの方に聞かない。
公式ページのメッセージから送り、必要がある場合に限り返信がある。
メッセージを投稿するには会員登録が必要。
メッセージはCAMPFIRE内のメールボックスに保存される。

注意事項

  • 9/12~9/21の期間先行で公開される。
  • 期間内に公式ページをよく読む。
  • 上記期間はご意見・ご感想をいただく・フィードバックする。
  • 予告なくページ内容が変わる。

「センチメンタルグラフティ 20周年スペシャルイベント~再会~」 プロジェクト

限定公開URLはhttps://camp-fire.jp/projects/91461/preview?token=n16iyyfsとなっている。

現在はフィードバック期間のため申し込むことはできないが、コースの詳細を確認することができるため、
事前に予算を計算したい諸兄はぜひ一度見ておくことをおすすめする。
なお、この注意事項については要点のみまとめた為、後日公式ページにてご確認を必ずお願いしたい。

次回放送について

次回放送は9月16日(日)21時より配信予定。
なお、9月16日は綾崎若菜の誕生日だ。

パーソナリティのみなさま、今宵もお疲れ様でした。
せつなさ炸裂!

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。