「プレイヤーズ応援歌」という異色。ザ・パーマネンツ:センチメンタルで行こう!

2018年の大河ドラマ「西郷どん」の、パワープッシュソングをレキシが歌っているのをご存知でしょうか。

公式で作る、主題歌でもない応援歌です。
NHKはじまってますね。

これを見て思い出したわけではないのですが、センチメンタルグラフティにも、「プレイヤーズ応援歌」というものが存在します。

ザ・パーマネンツ「センチメンタルで行こう!」

もちろん主題歌でもないしゲーム内でも一切、BGMとしてすら出てこない曲です。
とりあえず聞いてみてください。

プレイヤーズ応援歌と聞いて、きっとゲーム内特有の単語が出てきたり、電波ソングだったりを想像していたそこのアナタ。
以外にも良曲だと思いませんか?

ザ・パーマネンツといえばキン肉マンⅡ世のEDのほうの「愛のマッスル」のほうが有名なんですけど、メジャーデビューシングルはこの「センチメンタルで行こう!」でした。
レーベルはもちろんNECインターチャネル(その後、ザ・パーマネンツは独自のレーベルを立ち上げています)。

偶然にもリンクする歌詞

歌詞の中には狙ってか狙わずかはわかりませんが、センチメンタルグラフティの世界に通ずるワードが出てきます。

少し抜粋してみましょう。

この辺りも随分と昔とは変わったな

主人公がこれまで転校してきた各所をまわ時の心情?

古い校舎もいつしか気がつきゃ取り壊されている

センチの世界でも、えみると通っていた学校の、一緒にラムネ瓶をタイムカプレルとして隠した旧校舎に取り壊しの話が出ていました。

借りたままの小説もすっかり部屋に馴染んでいる
真奈美が中学のときに借りた本は(小説ではなく刺繍でしたが)、3年近く借りっぱなしでしたね。

…と言った具合です。

おそらく意識はされていないとは思いますが、偶然だとしてもとてもステキにリンクしていると思います。

センチメンタルグラフティのコンテンツ力

当初管理人はこの楽曲の存在を知らなかったのですが、みなさんどんな気持ちでこれを聞いていたのでしょうか。

このように思わぬ展開を時折見せるのも、センチメンタルグラフティというコンテンツの醍醐味のように思います。

関連リンク

一応「Sentimental Graffiti The Best Collection」にも収録されているのですが、現在入手は難しいようです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください