センチ半端ないって!多部田氏もついにコメント参戦した「帰ってきたセンチメンタルナイト20」第16回の感想とハイライト

2018年10月16日21:30から始まった「帰ってきたセンチメンタルナイト20」第16回放送。
今回はクラウドファンディング250%達成したということと、大喜利があるらしいとのことで、おそらくテンションが非常に上ったSGガールズが見れることだろう。

ハイライト

途中回線の影響で一時配信が切れたが、復旧したあとは正常に進行していった。

パーソナリティは西口有香さん、有島モユさん、豊嶋真千子さん、鈴木麻里子さん。
まずは250%達成のお礼と、この展開について予想がつかなかったこと等が語られた。

ストレッチゴール振り返り

CAMPFIREのプロジェクトページ
https://camp-fire.jp/projects/view/91461

  • 1,250万円達成:濱田智之氏作詞作曲、大倉らいた氏原詩の新曲制作(20周年記念CDに収録)
  • 1,550万円達成:当日の模様(記録映像)をDVDにして支援者さま全員にプレゼント!
  • 1,800万円達成:新規オリジナル衣装制作と20周年記念パンフレットのヘページ数アップ
  • 2,000万円達成:当日の模様のDVD映像がカメラ3台、編集ありにアップグレード
  • 2,250万円達成:音調車導入、スタジオにてトラックダウンにアップグレード
  • 2,500万円達成:大倉らいた氏シナリオによるオーディオドラマ制作(20周年記念CDに収録)

濱田氏からこれからのことについて

天の声扱いの濱田氏より、ストレッチゴールを超えた金額については、よりよいイベント運営のために使われるとのこと。
筆者も、金額が大幅に伸びることがない限り、新たなリターンは見込めないと思っている。

途中、多部田氏がコメント参戦し、当初物販を手伝うつもりだったことが判明した。
多部田氏降臨とこのコメントによってのすべてを持っていかれてしまった…。

カウントダウンイラストをじっくり公開

クラウドファンディング達成記念として、これまで公開されたSGガールズによるカウントダウンイラストをじっくり見ながら、パーソナリティがコメントを入れていく形式で進んだ。

公開された画像はブログにアップされているので、そちらで確認してほしい。


その後、クラウドファンディングの応援コメントの読み上げがあり、先日のシシララTVの話題に。
先日出演していなかったパーソナリティも知らなかった事実があったので、その話題にも少し触れられた。
なお多部田氏はこの日過労で会社をサボったとのこと。昨日の配信でぶっちゃけた疲れがのこったのか…。

そのシシララTVの様子と、本サイトで考察していた記事は以下リンクを参照してほしい。

【センチメンタルグラフティ2】発売から18年を経て明かされた新事実を考察してみた【前編/疑問編】

【センチメンタルグラフティ2】発売から18年を経て明かされた新事実を考察してみた【後編/考察編】

【センチメンタルグラフティ2】多部田氏から語られた18年目の真実【総集編/解明編】

この流れで、お楽しみ大喜利の時間となった。

大喜利(謎かけ)

視聴者の投稿に加えて、パーソナリティ、コメント参加のSGガールズも謎かけに参加した。
濱田氏と奥村氏、そして多部田氏にも無茶ぶりがなされた。
…が、多部田氏は「大脳が死んでる」とのことで辞退された。

大喜利に関しては、個人的には麻里子さんの全力「半端ないって」がツボだと思う。
その他の大喜利の投稿、SGガールズ他、無茶ぶりで何が詠まれたかは、アーカイブを確認しよう。

次回放送について

次回放送は10月21日22時からとのこと。
トークテーマは相変わらず決まっていないので、Twitterの公式アカウントをチェックしよう。

SGガールズの活動報告(番宣)のことも触れられ、イベントに向けて各々動いている様子も見て取れた。

これからイベントに向けての企画会議等もあるだろう。
この記事の読者はほとんどが参加側だが、ここまで意見の反映を見込めるプロジェクトなので、是非当日まで熱量を持って望みたいところだ。

せつなさ炸裂!

20年戦士のセンチメンタリストでこのサイトの運営やセンチメンタルグラフティの非公式コミュニティのSlack運営をしています。
実態は舞台出身の、Webサイト制作とかWebデザインとが得意な大阪在住のおっさん。
WordCamp Osaka 2018 Organiser / Kansai WordPress Meetup Organiser.

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください