センチメンタルショートドラマ「アドベントカレンダー」

この記事は、当サイトで行われている「センチメンタルグラフティアドベントカレンダー2018」の第7日目の記事です。

とある少女たちの会話

※色でどの発言がどの少女なのか、察して読みましょう。

「ねぇねぇ、アドベントカレンダーって知ってる?」
「アドベントカレンダー、ですか?」
「そそ。」
「それって、12月1日からクリスマスまでの間、毎日一つずつ開いていくカレンダーのことですよね?」
「まぁ!そんな風習があるんですね」
「また雑誌か何かの最新情報?あなたも飽きないわね」
「まぁまぁ、それはいつものことだろ?で、その・・・あど・・べんちゃー?カレンダーがどうしたって?」
「なんだか楽しそうな名前だねー!」
「アドベントカレンダー、だって(汗」
「いつもあんなにカッコいい英語の歌詞を歌っているのに・・・」
「なっ!ちょ、ちょっと間違えただけだろ!」
「ほら、二人共落ち着いて」
「ケンカはだめ・・・ですよ」
「二人共仲良くしなきゃだめだぞ!」
「あはは・・・。でね、わたし達もなにかやってみたらどうかな?と思って」
「それは・・・あの人に、ですか?」
「もっちろん!」

それじゃ…

アドベントカレンダーってなんぞや

というのが実は第一印象だったのは内緒です(今更かい
そんなわけで(押し通す)、そのアドベントカレンダーってなんぞや、ということですが、先程彼女たちが話していたとおり、12月1日から24日までの間、一つずつ窓を開けていくカレンダーのことを指します。
そして24個の窓を開け終わった翌日12月25日、ご存知イエス・キリストの待降節を迎えます。

それぞれの窓の内容は様々です。
お菓子が入っていたり、詩が書かれていたり、写真やイラストなんかもあります。
今、センチ非公式コミュニティでは毎日0時に一つずつ、ブログを公開していってます。

共通テーマはなく、それぞれが思い思いの内容を書き綴る、というもの。
そして本日は7日目。
旧約聖書では天地創造がされたのも7日間、とされていますという豆知識は置いといて、これは別の機会があればネタにしましょう。

ショートドラマに寄せて

冒頭でヒロイン12人たちの物語を簡単に書いてみました。
実際読んでみてわかったと思いますが、名前は一切出していません。
誰がどの台詞なのか、一部名前がわかるようなヒントもありますが、そこは想像にお任せします。

こういった名前を出さないタイプのショートドラマを書く際、出来る限りそのヒロインが喋っているであろう言葉遣いや雰囲気を出すようにしています。
お気に入りのキャラが必然と動きが多くなる傾向になりますが・・・

というところで、今回彼女たちがあの人(ここで【自分】と書ければそれはそれで良いのでしょうが、書けない自分が居る←)に送るそれぞれの窓。
1人2つずつ担当するのですが、さてはて、どんなものが入っているのでしょうね。

続きはまたいつか。

せつなさ、炸裂!

匡神霧耶

現在は温泉の街で働く傍ら、色んな雑学を活かし記事やコメントを書く人。
興味がある事はとことん自分から調べるor読んで覚えるが基本スタンスのため、役に立つかどうかわからない雑学だけが増えていく。

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください