高松市内の聖地巡礼に行ってきました。

3月も終わりとなる今日、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今回は3月中旬(17日・18日)に、センチメンタルグラフティの高松市内エリアの聖地巡礼に勤しんでまいりました。
7月に開催される、WordCamp Ogijima 2018の打ち合わせで男木島に行かなければならなかったので、相変わらずの強行スケジュールだったのですが、なんとか予定していたスポットを回れることが出来ました。

移動ルート

0日目
大阪 -> 神戸 -> 高松

1日目
高松 -> 女木島 -> 男木島 -> 高松

2日目
島以外の高松市内聖地 -> 大阪

市内巡礼

高松港桟橋

高松港桟橋は、杉原真奈美の回想イベントに出てくるスポットです。

ここから女木島・男木島行きフェリーに乗ることが出来ます。
ただ、高松駅から乗り場に着くまでの案内には「高速船はこちら」的な案内になっているので、フェリーだからと言って別の方向に行ってしまう人もいるんだとか。

女木島

僕がゲームをプレイしている限り、女木島で真奈美に合う確率が高いです。
ゲームプレイの最初に再会したのも女木島でした。
女木から高松のフェリーは17時20分が最終便なので、ゲーム内でも17時以降は確か渡れなかった気がします。

「ようこそ鬼ヶ島へ」という看板は随分前からなくなっている。
そのかわり、可愛らしい鬼の石像が至るところに設置されていた。
主人公に「こんな渋い島があったんだ」と言わせたスポット。
ここも女木島のスポット。
何しにここに来たんだろう…

ライオン通り

ライオン通り商店街のスポットは、商店街の中ではなく、商店街の交差点を外から見た風景になっています。
このあたりはゲーム中の風景とそんなに変わらないです。

昼のスポットはライオン通りを北から2区画南に進んだ交差点を大工町の方から撮影した場所。
夜スポットは、昼スポットを更に1区画南に進んだ先の交差点を丸亀町川から撮影。

栗林公園

ごめんなさいずっと栗林公園りつりんこうえんを、「くりばやしこうえん」だと思ってました。
真奈美が行くのを好んだのもわかる、ものすごくおちついたスポット。
高松駅で自転車を借りると、10分程度で行けます。

偃月橋えんげつきょうを茶屋方面から見た風景。咲き始めた桜がとてもきれいでした。
奥に写っている家屋は茶室になっている掬月亭きくげつてい)で、左に写っている木は「根上り五葉松」で、これもゲーム内のままでした。
夜スポットにもなっている東入口。

屋島

女木島よりも、ある意味高松市内の中で一番遠いスポット。

屋島行きシャトルバスが出ていますが、時間を有意義に使いたかったので車で向かいました。

主人公はここに行くの大変だったろうなあ(遠い目)。

屋島寺の境内に祀られている、蓑山大明神。
屋島寺は四国八十八箇所霊場第84番札所です。
名実ともに巡礼地ですね。
展望エリア付近。リア充爆発しろ!
屋島水族館は今はなく、新屋島水族館としてリニューアルオープンしています。
もう想い出のスポットはここにはないのです。
屋島の展望スポットその2。
ここから女木島・男木島がよく見えました。
駐車場の入り口あたりにある、石橋から。

玉藻公園

栗林公園もそうなのですが、開館・閉館時間が「日が昇って沈むまで」を基準にしているのが風情があって好印象。

高松駅からことでんの線路沿いに歩いての東門前。旭橋を渡って入ります。
東門からすぐのところにある艮櫓うしとらやぐら
もともと東の丸にあったものを昭和40年に移築し、国の重要文化財に指定されました。
ゲーム内と違うのは、2つのビルが立っているところ。ひとつは全日空ホテルですが、もうひとつはなんでしたっけ…?

センチメンタルジャーニー(アニメ)のスポットを巡る

センチメンタルジャーニー(アニメ)の杉原真奈美回では、真奈美が作ったポエムのなかで描かれているスポットがありました。

瓦町駅前

待ち合わせスポットとして、描かれている瓦町前。

ここでは忠実に模写しているのではなく、幾つかの角度から見たものを組み合わせているようです。

もとのシーン

実際の写真

全体を俯瞰した構図
地下駐輪場とエスカレーターの位置関係はこの構図
警察の標識は少し離れた交番前から。
警察の標識の表記はこっちのほうが近い(中央あたり)

アニメだと各所に工夫が見られて、探すのが楽しかったです。

巡礼の感想

天気が良かったのもありますが、高松を散策するのはすごく気持ちよかったです。

市内は全部まわれて良かったですが、女木島のスポット一箇所のがしてるんですよね。

今後何度か行くことにはなるので、行けなかったところにも行って見つけたいです。


最後に、同じアニメの回の一番好きなシーンをどうぞ。

元気で何より。
どうぞその顔で僕を蔑んでください。

色んな意味でありがとうございました!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください