ついにゴールテープ切った!一ヶ月間を完走!しかし本番はまだこれからだ!「帰ってきたセンチメンタルナイト20」第20回放送の感想とハイライト

本記事は第一夜第二夜を事前に読むと、楽しめると思われる。

ハイライト

本放送でめでたく第20回目を迎え、米本千珠さんのタイトルコールで始まる。

パーソナリティは岡田純子さんを除く9人で進行した。

  • 沢渡ほのか役:鈴木麻里子さん
  • 松岡千恵役:米本千珠さん
  • 山本るりか役:今野宏美さん
  • 杉原真奈美役:豊嶋真千子さん
  • 遠藤晶役:鈴木麗子さん
  • 森井夏穂役:満仲由紀子さん
  • 永倉えみる役:前田愛(AiM)さん
  • 七瀬優役:西口有香さん
  • 安達妙子役(センチ2):有島モユさん

なお安達妙子役(センチ1)の岡田純子さんはコメントでの参加である。

ついにクラウドファンディング終了当日を迎える!

10月11日に始まったクラウドファンディング(以下CF)もいよいよ最終日となった。

思い返せば、第7回放送(8月23日)でようやくCFをCAMPFIREで行うと発表され、それに向けた準備が着々と行われてきた。
当初は9月23日に募集を開始し、10月30日に終わる予定で組まれていたが、紆余曲折を経て現在の日程になった。

結果だけ見れば、当初の内容から今の内容に変更したことは良かったのかも知れないと思う半面、あの時あのままスタートしていたらどうなっていたのか、という事も考えないわけではない。

何はともあれ、最終日を無事迎えられたことはキャストを始め、筆者たちファンも胸を撫で下ろした事だろう。

おかわりセンチの嵐

CFでは終了が近づくにつれラストスパートの追い上げが起きるという、ある種ジンクスが存在する。
今回も例に漏れず、自己紹介が行われている最中も、次々とおかわりセンチがされた。

そんな中、大倉らいた先生から320%達成のメッセージが紹介された。

クラウドファンディング大成功320%達成おめでとうございます。
20年経っても、こんなに応援してくれるファンの方々のパワーに正直びっくりしました。
でも、それを引き出したのは間違いなくSGガールズの皆さん一人一人の力だと思います。ご苦労様でした。

ストレッチゴール達成の第一報を受けた時、正直焦りました。
まさか20年たった今、もう一度センチキャラのシナリオを書くことになるとは。
まずは、G’sや小説などを自分の過去の作品を読み直し、ドラマCDを聞きまくって机に向かったのですが、気がつくとあっという間に12人のキャラたちが僕の筆に宿っていました。
やっぱりセンチは僕にとっても特別な存在ですね。

結果として、大倉らいたにしか書けないせつなさ炸裂の半端ない(笑)シナリオになったと思います。
ようやく全員分上がりました。

あとは、SGガールズのみなさんが声という魂を吹き込んでくれるのを待つばかりです。
応援してくださった皆さん、ぜひ楽しみに待っていてください。

あ、完全書き下ろしの新作です。
今夜は僕もこっそりと乾杯します。
ではでは。

あなたの心に、せつなさ炸裂! 
大倉らいた

20年経って、完全新作ドラマが聞けることになるとは誰が予想していただろうか。そんな書き下ろしドラマは20周年記念CDに収録がされるので、要チェックだ。

撮影シーンを撮影する人を撮影する

どんでんではノリノリの米本さんのジングルヾ(´∀`)ノデンドンデンドンデンと共に行われた。
20周年記念撮影用の写真撮影第2班の話題に華を咲かせる。
麗子さん&米本さん、岡純さん&米本さんなどパンフレットには収録されないオフショットが公開され、その中で濱田さんのレフ板シーンも公開される。
という話題に華咲かせている横(画面外)ではもぐもぐタイムが始まっていた。

思い出に残った名・迷場面(その2)

  • 企第02回(8月29日放送)麗子さんと西口さんのWメガネ
  • 第07回(8月23日放送)リアルW妙子初登場
  • 第07回(8月23日放送)米本千珠さんのサプライズBDケーキ
  • 第01回(8月02日放送)放送終了直前のぷるぷるタイトル

最後のひとり、ついに登場

既に甲斐先生による、ヒロイン12人の内11人の新作イラストは公開されていた。
そして本日、「保坂美由紀」の新作イラストを発表。
甲斐先生らしい、美由紀らしさが出た新イラストである。

今回の圧熱3連続放送で公開された若菜、明日香と並べて再度原画を公開。

今回のイベントには事情があり3人のキャストが参加できないが、20周年イベントが行われることをとても喜んでいるとのことだ。
願わくば・・・と色々と思ってしまうが、そこまで求めるのは欲張りというものだろう。

ひーちゃんの壁、ついに崩れる

10月11日の募集開始9分のシーンは今なお心に刻まれていることだろう。
今回、冒頭より今野さんは「今日は泣かないもん!」と宣言していた。
それは本当に泣かないという意味ではなく、募集終了の、最高の瞬間まで取っておきたい、という気持ちからだった。

…が、周りがその壁を少しずつ削っていき、17,000件のプロジェクト中第7位が発表された瞬間、ついに崩れてしまった。
※この時点で既に有島さんも既に涙ぐんでいた(目が潤んでいた)

この時の今野さんの言葉にもあったが、この瞬間にまだ座席が残っていたかも知れない
まだ目標金額に届いていなかったかも知れない。
それだけに、良い形で最終日を迎えられたことはSGガールズにとっても本当に嬉しかったことだっただろう。
しかし、順位が大事なのではない。ファンの気持ちが集まった結果である。

ゴールイン!

長いようで短かったCF募集もついに終了の瞬間を迎えた。
支援総額:34,701,700円
パトロン数:2,316人

何度も書いているが、当初は本当にこうなることを筆者すら予想していなかった。
一時期はツイキャスのコメント、非公式コミュニティSlack、Twitterなど様々な場で厳しい言葉が流れ、その募集すら危ぶまれた。
筆者もTwitterで思いの丈をぶつけてしまったが、今思い返せばそれもいい思い出である。

しかし、それらがあったからこそ、この最高の笑顔の瞬間が見られたことは心の底から嬉しい。
これを機会に、センチシリーズをやり直してみるのも一つかもしれない。
特に、センチ2に関してはプレイしてもらいたいと思う。
それはシシララTV第2夜で多部田さんも言っていたことだ。

本当におめでとう。
そしてプロジェクトの終了と20周年イベントに向けて乾杯!

清濁合わせた思いを吐露する。

SGガールズからそれぞれファンに向けたメッセージが送られる。
クラウドファンディングについて、この先控えている20周年イベントに向けて、そして今までの放送では見られなかった(決して見せなかった)SGガールズが心に抱えていた思い、葛藤などである。

その内容は敢えてここには記さない。
アーカイブで彼女たちの言葉を通じて感じて欲しい。

この二人が居たからこそ、成り立った。

SGガールズから、今回のクラウドファンディングに関しての功労者に感謝状が送られた。

元々ファンの一員として参加していたCAMPFIREキュレーターのbamboo氏。
彼は「SGガールズとファンの間の交通整理をしただけだ」と言っているが、それがなければ、今回の成功はなかったことだろう。

そしてこのプロジェクトの担当をしてくれたCAMPFIREの奥村郁耶氏。
プロジェクトだけでなく、ツイキャスの放送もサポートしてくれていた。
忙しい中合間を縫ってゲームをクリアしてくれたことは記憶に新しい。
※誰をクリアしたのかはまだ内緒だ

以前、bamboo氏は「SGガールズからのラブレター、おれは欲しい」と言っていた。
この感謝状はSGガールズから彼らへの「ラブレター」だ。

今後の放送について

頻度は減るものの、今後も放送は続けていくとのこと。
まずはこの瞬間の喜びと、2ヶ月後に迫ったイベントに向けて英気を養っていただきたい。
その間、自分たちもできることをやっていこう。

せつなさ、炸裂!


連続三夜放送の他の記事はこちら

ゴールテープまであと僅か!ラストスパート5秒前「帰ってきたセンチメンタルナイト20」第19回放送の感想とハイライト

甲斐先生からの応援メッセージも届いた!「onlyセンチメンタルナイト圧熱企画室」

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください