聖地巡礼ならぬ聖地引っ越しをしてみた話【京都編】

この記事は、当サイトで行われている「センチメンタルグラフティアドベントカレンダー2018」の第13日目の記事です。

憶えていますか?私のこと… 憶えていますか?あの日のこと… そして、あの約束を…

全国1億人のセンチメンタルグラフティファンの皆様、こんばんは。

綾崎若菜が好き過ぎて高校で弓道部に入ったキツキツドーナツと申します。
ちなみに小中はバスケ部でした。

この記事を読まれているあなたは、もちろんセンチメンタルグラフティという20年前のゲームをご存知かと思います。
12人の魅力的なヒロインと、日本全国12の土地で数々のデートをこなす、とても素敵な作品でした。

さて、今でこそよく耳にする「聖地巡礼」という言葉。

聖地巡礼:ゲームやアニメの舞台となった場所を聖地と称し、実際に訪れること

この言葉が無い時代から、センチメンタリスト(センチ好きな人の総称)では巡礼活動が行われていたようです。

そんな中ぼくはというと…

そうだ、実際に聖地に住んでみよう

そう思い、センチで大好きなキャラである綾崎若菜に会うため京都へと大学進学させてもらいました。
今回は、そんなお話です。

実際に祇園に住んでみた

親「大学どこにするの?(山梨は東京のすぐ左だから、どうせ東京でしょ)」
僕「京都」
親「そうかやっぱり東きょ…え?
僕「京都」

という訳で、山梨県民のほとんどが東京の大学へ進学する中、僕はひとりで京都へと移り住みました。

さて、京都の中でも若菜が住んでいるとされるのは京都府京都市の祇園界隈。
祇園というのは、京都の四条河原町の東側、場所でいうとこの辺一帯のこと👇

そしてぼくが住んでいたのがこの辺👇

いわゆる「祇園南側」と呼ばれる所に住んでいました。

更にぼくは、若菜に会えるかなぁと思い、童貞のくせに夜の祇園で働くという暴挙にでました。今思えば中々に勇者だったかと思います。
そしてある日、運命の日を迎えることとなる…。

アレ…あれは若菜??

しばらーく祇園で働いていると、ある夜、ものっ凄いオーラをまとった人を見かけた
もうホント、こんな感じ。

画像はジョジョの奇妙な冒険 第四部「ダイヤモンドは砕けない」より、山岸由花子。
本当にこんなオーラ出してた。

え…若菜??

一瞬マジでそう思いましたが、マジマジ見てみると『叶美香』さんでした(実話です)。

夜の祇園で働いてると、芸能人を見かける機会がちょこちょこあったんですが(他には高橋克典とか見た)芸能人って間近で見ると本当にオーラ放ってます。

センチのキャス見てる人に例えるなら「圧」って言った方がわかりやすいでしょうか。
とにかく見た瞬間「うおっ!」って感じ(わかりずらくてスミマセン)

人力車のバイトやってる友がいたんだけど、偶然にも僕が叶美香さんを目撃した日に美香さんを客として乗せていました。
どうだった?って感想聞いたらやっぱり「匂いとオーラ凄い」とのこと。
ファビュラスオーラは当時から健在でした。

祇園に住んだ感想

僕は4~5年祇園界隈に住みましたが、ついに若菜に会うことはありませんでした。
叶美香さんには会ったけど。
多分、僕が気づいていないだけで実際何回かはスレ違っていたんじゃないかと思います。

※ちなみに大学時代の写真は親による僕の部屋の断捨離で、ほぼ全滅してしまいました…とても残念です。

先日、唯一見つけたのが本能寺の厠(トイレ)の前で撮った写真。
本能寺の場所は新京極を北に行った所にあるので、聖地のご近所です。

聖地引っ越しは毎日が巡礼

実際に聖地に引っ越して住んでみた感想は、語彙力がなく恐縮ですがとても楽しかったです。

なんせ、近所が聖地だらけなものですから、毎日のように徒歩で巡礼してるようなもの。
大学への通学路で巡礼スポットを何ヵ所も通るという近所っぷり。
そして祇園の中も目をつむっても歩けるくらい巡回しました。

今思えば、とても贅沢な環境にいたなぁ、と思います。
しかし不思議なもので、余りに身近に聖地があると、しばらくすると逆に行かなかったり、そこが聖地であることさえもチェックせずに通りすぎたりという事もありました。

現在ぼくは京都に住んでいないけれど、大学時代の思い出やセンチ20周年という節目を迎え、今また京都を再訪したいという気持ちが溢れています。
その時は、昔より更にワクワクした気持ちで周れるような気がしてなりません。

センチメンタルグラフティ、今でも大好きです。

サムネイルにもなっているこの若菜のイラストはさくらい つばきさんに提供いただきました。
ありがとうございます!

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください