これは嵐の前なのか。イベント内容についても少しだけ触れられた「帰ってきたセンチメンタルナイト20」第11回放送の感想とハイライト

先日、クラウドファウンディングのプレビューページがオープンした。
https://camp-fire.jp/projects/91461/preview?token=n16iyyfs

前回放送で「ツイキャスの皆様だけに先行公開」という言葉があったので、URLは一般には流れないものと思ったが、その後すぐに公式TwitterアカウントでURLが拡散され、筆者は、疑問を感じた…というのは置いておいて、金額設定やリターンの区分のあまりの細かさに、皆がいろいろな意味で驚きを見せていた。

第10回放送終了後、以下のような発言を公式Twitterアカウントではしている。

クラウドファンディングのページ先行公開後初の本編ツイキャスなので、リプライでいろいろ感想聞かせてくださいね!

ご意見というのが入っていないのが気になるが、なにか指摘があった際にどう答えるか見ものである。

ハイライト

今回のパーソナリティは西口有香さん、前田愛(AiM)さん、豊嶋(メガネ)真千子さん、鈴木麗子さんの4人。
前田愛さんが持っている謎の生物は、どうやらCAMPFIREに常駐しているようだ。

クラウドファウンディングの先行公開ページについて

まずはグッズの説明ページがまだできていないことと、できていないことでリターン内容に誤解が生じたことが謝罪された。
その上で、リターンについていくつか補足事項が挙げられた。
かいつまんでここに記載しておく

  • パンフレットは概ねすべての方に配布される模様
  • クリアファイル等のランダム要素のあるものは、物販等でコンプリート可能にするか、ランダムでない、すべてのセットを入手できるよう調整中
  • グッズオンリーのプランを考え中
  • バックステージパスは、本当に舞台裏に招待するわけではなく、雰囲気を味わってもらうためのレプリカ

本来はグッズ説明ページに補足した情報を書く予定だったが、正確な情報を掲載したいがために、間に合ってないとのこと。
この補足に対して、Twitter上でも賛否が分かれ、当非公式コミュニティでも大いに議論がかわされている。

ゲスト : 濱田智之

本日のゲストは、センチの音楽プロデューサーをされていた濱田氏だった。
どうやらイベント全体の制作をするそうで、イベントについての諸々を氏の口から説明がなされた。

目標金額1,000万円について

濱田氏いわく、目標金額については、会場代の他にその他の機材費等を考慮して
さらに柔軟なイベント構成のために生バンドで演奏することや、各種ギャランティについてが、少しぼやかした言い方ではあったが内訳として挙げられた。

これについても賛否両論が飛び交っている。
前例がないことをたくさんやってきたセンチが新たに前例がないことをやると言っているが、悪い前例にならないのを祈っている。

会場選びについて

  • キャパシティは大きすぎず小さすぎずのところであることが大前提
  • 映像が映せる

この条件の中で予算と日程に会うものを選んだ結果が一ツ橋ホールだったそうだ。
完売で行けなかったというのを避けるためというのも言及されたが、そこまで大きなコンテンツなのではないので、そこは考え直したほうが良いともう。

イベントの内容について

  • マチネはトークショーや朗読を中心としたイベント
  • ソワレはライブを中心としたイベント

ここれも生バンドのことで盛り上がり、3×4の組み換えもしたいとも言っていた。
リスナーからのコメント要望として、「ジャーニーの名場面の生アフレコが見たい」というのもあった。

チケットの連番対応について

希望があればチケットの連番処理はできうる限り対応するとのこと。
ただし100%保証できるものではないので連番で取れなくても泣いてはいけない。


ここで濱田氏の「せつなさ炸裂」を聞くことができた。
濱田氏はこれまでこれをするのは初めてだということで、これは貴重である

その後、リターンの組み換え等にも言及されたが、目的を履き違えて空回りしないようにしていただきたい。

トークテーマ:私がセンチメンタルグラフティと出会ったきっかけ

リスナーのセンチに出会ったきっかけ

  • リサイクルショップでサターンの中古を買ったのがきっかけの人
  • ゲームのシステムとほのかに惚れ込んだ人
  • 甲斐先生の晶のイラストや夏穂のイラストからハマった人
  • アニメのえみるでハマった人
  • 電撃の雑誌から入った人
  • ファミ通で知った人
  • ゲームをやってないが、ラジオを聞いていた人
  • 妹にソフトを借りたのがきっかけの人
  • 小説からはまり込んだ人
  • デジモンで前田愛さんを知ったのがきっかけの人
  • 中野サンプラザのライブがきっかけの人
  • トレカからコレクターになった人
  • 背景が実写で感銘を受けた人

裏話として、実は実写背景の画像処理のバイトを、鈴木麗子さんがやっていたことが挙げられた。
実際に発売したゲームの背景のいくつかは麗子さんが手がけているものがあるので、どれか予想してみるのも面白い。

前田愛さんの出会ったきっかけ

これはオーディションとのこと。
歌のオーディションが別にあり、1曲好きな曲を歌い、その録音テープをまだ持っているらしい。すごい。
歌ったのはJUDY AND MARYの「そばかす」だそうだ。

濱田氏の確認もあり、青二組は全員歌のオーディションがあったことが確認された。

西口有香さんの出会ったきっかけ

大学に行きながら養成所に通っていて、そこの掲示板で見たか、卒業シリーズのドラマCDの最終巻にボイジャーから入ったかどちらかとのこと。
ちなみに、第一希望が保坂美由紀で第二希望が七瀬優だったらしい。

そしてなんと、オーディションの採点で、鈴木麗子さんが1428人中1位だったことも暴露された。

次回放送について

次回放送はこの記事の執筆時点で未定。
西口有香さん、前田愛(AiM)さん、豊嶋(メガネ)真千子さん、鈴木麗子さん、そしてゲストの濱田さん、お疲れ様でした。

せつなさ炸裂!


今回のツイキャスの筆者としての感想は少し残念な配信だったと思った。
まだリカバリーはきくが、ファンと一緒に作ると豪語したイベントに於いてファンを置いてきぼりにする決定や発表は筋を違えている。
このあたりのことに関しては後日別の記事でしっかりと、あくまで筆者の意見としてだが、言及したい。

20年戦士のセンチメンタリストでこのサイトの運営やセンチメンタルグラフティの非公式コミュニティのSlack運営をしています。
実態は舞台出身の、Webサイト制作とかWebデザインとが得意な大阪在住のおっさん。
WordCamp Osaka 2018 Organiser / Kansai WordPress Meetup Organiser.

PR: 非公式のSlackをつくりました

気軽にセンチメンタルグラフティの話題をしたり、ちょっと表には出せないようなうわさ話をしたりとセンチにまつわるさまざまな交流ができるチャットをSlackで作成しました。
参加は以下のボタンから。
ファンも、関係者もどなたもお気軽にご参加ください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください